《会社は雑用ばかり!》なぜ会社で雑用は増えるのか?に対する私の考え。

  • 2019年12月18日
  • 2019年12月27日
  • WORK
忙しい中で仕事をする男性
QUESTION
会社では毎日毎日雑用ばっかり。つまらない仕事でやる気が出ない。どうすればいいでしょうか。

今回はこのような疑問にお答えします。

RYOHTA
古いタイプの会社だと思います。自分で会社を変えるのは難しいでしょう。思い切って新しい考えを持ったベンチャー企業などに転職か、個人で事業をするのがいいと思います。
PR

私が担当してきた雑用

まずは私のスペックからご紹介します。

 

理系。農学部卒業
元製薬会社研究員(会社員)
現在はフリーランス

 

この経歴から、さぞかし会社員時代は、毎日難しい専門的な仕事をしていたと思われることが多いです。
しかし、実際は全くの真逆で、毎日が雑用ばかりでした。

次から次へと襲いかかる雑用

雑用は嗣業から就業時間後まで続きます。

朝は体操当番
→掃除、ゴミ出し
→電球の交換
→壊れた機械の発注
→洗車
→試薬の有無の確認
→ミーティング
→飲み会の設定

このような日々が毎日繰り返されます。

 

RYOHTA
毎日このようなことを繰り返していると、「何をしているんだ自分は」という気持ちになりますよね。

私が考える雑用とは

そのため、雑用はなぜ生まれるのかということをよく考えていました。
そして、結論としては、以下の2種類があるという結論になりました。

 

本業とは関係なく発生する無駄な仕事
簡単にできることを難しくしている仕事

 

本業とは関係なく発生する雑用

1つ目は本業とは関係ない雑用です。
私は研究員という仕事ながら、研究はおろか、それ以外の仕事を多くまかされました。

無駄な仕事は立場の低い人間に回されがちです。社歴の低い私にどんどんまわってきていたのです。

 

RYOHTA
ゴミ出しや洗車などは、その担当の人を雇えば解決する話です。しかし、日本の会社ではうやむやに誰かがするという仕事がたくさんあると思います。

簡単にできることを難しくしている仕事

これは新しい技術が生まれた時や不祥事が発生した時に起きやすいことです。

例えば、新しい便利なシステムができると、それを利用したい人と、前の慣れたシステムがいい人の両方がいます。
その折衷案ばかりを採用していると、どんどん追加ルールばかりができていくのです。

 

RYOHTA
以前の私の会社では、ネット管理している書類をわざわざ紙でも管理し、両方に入力を行っていました。
また不祥事が発生した時も、ルールを刷新することはあまりありません。
チェック回数を増やすことで、再発防止策は完了したとしがちなのです。

会社の雑用を自分の力でなくすことは難しい

解決策を探している人

このような雑用ですが、私は今雑用で悩んでいる人が自力で解決することは難しいと考えています。

多くの会社はルールを増やすことで対応しがち

何か問題が起こった時、会社は再発防止策を求められます。

その時、従来のルールをなくし、新しいルールに変えることは少ないからです。
例えば、異物が製品に混入してしまった時、「チェック回数を増やす」というルールが増えがちです。

 

RYOHTA
それに雑用はやっていない人からすればどうでもいいこと。あまり解決しようという気がない経営者がいると解決は難しいでしょう。

まずは行動しよう!

実際いい会社というのは、社員の不満をイノベーションで解決できる体制を持っています。
「不満」は逆に考えると、ニーズがあるということですから。

世の中にはどんどん便利なシステムができているので、それを利用しようという会社に移るのがいいと思います。

 

・私のおすすめはベンチャー企業。従来とは異なる考えの経営者がたくさんいます。

フリナビ(furinavi)

リモートワークがしたいけど、求人を調べてもプログラミングとかWEB関係ばっかり。どうしたら今の会社から逃れてリモートワー…

 

最後に

不満を持っていると毎日が楽しくないですよね。

私もそうでした。そして、会社を退職し、フリーランスになりました。
フリーランスの毎日は縛られない毎日をすごすことができます。

転職もいいですが、その先がいい会社かどうかはわかりません。
思い切って行動し、自分の未来は自分で決めるという覚悟も大事かもしれません。