「SEO×アフィリエイト型」でマネタイズしているサイト構成まとめ

  • 2018年11月24日
  • 2018年11月25日
  • BLOG
ドイツの街

以前の記事では、「SEO×アフィリエイト型」でマネタイズすることが、最適であることをお伝えしましたが、ではどのようなサイト設計にすればいいのでしょうか?

やっぱりせっかく書くなら自分が好きなことを書きたい!と思う人も多いと思いますが、手早く収益を得たいという気持ちもありますよね?

今回は、まずはしっかりと「SEO×アドセンス」型のみで運営しているおすすめのサイトを紹介します。

どんなサイト設計が検索で上位に上がってくるのか?また、どんなサイト設計が購買に結びつくのかを考えてみます。

PR

紹介するサイトの基準

紹介するサイトを選んだ基準は次の通り

 

●自分で作ることができるくらいのミニサイトかどうか

●サイトが見やすいビジュアルになっているか

 

です。記事量は多すぎると作るモチベーション的に厳しいでしょうし、また、記事量は少なすぎると簡単にまねられてしまいます。

記事量は少なすぎず、また、多すぎず、体験をしっかり入れることで後から記事が模倣されるのを防ぐのが良いでしょう。

サイトの文字量は多い方がいいですが、ビジュアルが見やすいかどうかが重要です。

みんなそうだと思いますが、記事が文字だらけだと、読む気が失せて他のサイトを見ようとします。

ビジュアルにもこだわっているサイトを真似て作るのがいいでしょう。

ライザップかあさん

ライザップに2ヵ月通い、4.6キロの減量に成功。今も継続プランでライザップに通い続け、現在マイナス9キロ。ライザップボデ…

このサイトは「ライザップ おすすめ」のキーワードで1位のサイト。

「ライザップの成果大公開」と、「パーソナルジムおすすめ比較」の2ページでマネタイズしています。

それを支えるページとして、以下のページを作成し、内部リンクを貼っています。

 

●入会と退会の方法(3記事)

●他のパーソナルジム体験(4記事)

●ライザップのトレーニングの特徴(6記事)

●ライザップ体験ブログ(16記事)

 

体験と組み合わせ安いアフィリエイトに、キャラクターも親近感があり、みんな気になって読んでしまいましよね!

COFFEE BREAKER

コーヒーブレイカー

貴方の好きなコーヒーがきっと見つかるコーヒーブレイカー…

このサイトは「ドルチェグスト おすすめ」のキーワードで2位のサイトです。

ネスカフェのドルチェグストマシンか、バリスタマシンのどちらかで購買に繋げようというサイトです。

ただ検索結果をよく見ると、「ドルチェグスト おすすめ」での検索1ページ目には似たようなサイトばかりがあります。

どのサイトもカテゴリー分けまで全て同じで、ワイト記事の盗み合いが起きているようです。

メジャーメーカーのアフィリエイトで、体験を記事にしにくいことからなかなか激戦のアフィリエイトだと思います。

後発で模倣して練習したい人にはいいかもしれませんが、参考までにという感じです。

ヴィトックスαレビュー

「ヴィトックスα 効果」のキーワードで1位に出てくるサイトです。

記事数はものすごく少なく、5ページ。

検索者の行動を考えると、まずは「精力剤 おすすめ」を調べ、ヴィトックスが人気であることを知る。

そして、「ヴィトックス 口コミ」や「ヴィトックス 効果」、「ヴィトックス レビュー」で検索してこのサイトに至ります。

商標ワードで隙間のキーワードを狙った展開と言えるでしょう。

やっぱり精力剤や育毛剤は本当に効果があるのか知りたいというのが、私も含め、悩める人の心理じゃないかと思うんですよねー。

青汁マン

日本人の野菜不足を簡単に解消できる青汁を徹底的に比較してランキング形式で紹介しています。ケール、大麦若葉、明日葉などの原…

「青汁 比較」のキーワードで上位に出てくるサイトです。

青汁もアフィリエイトの人気ジャンル。

それほど多くない記事数で上位に位置しています。

この手のサイトでは、キャラクターに人情味を持たせることができるか?また、わかりやすいカテゴリー分けができているかが重要かと思います。

最後に

今回は記事数が少なくて上位に位置するアフィリエイトサイトをいくつか紹介してきました。

しかし、これからの時代、ごりごりのアフィリエイトサイトはどんどん減っていくのではないかと思います。

視聴者もバカではありませんし、きちんと調べたり、自分で実践していない(他のサイトのパクリ)サイトは消えていくのではないかと思います。

「自分が書きたいと思える内容」「他のサイトで競合が少ない内容」「うまく親近感を読者にもってもらえる内容」「情報に価値があるか?」を意識して記事を作成していくべきだとと思います。

みんなの役に立つ記事を書くことを意識して記事を作成してみてくださいね。